本文へスキップ

〒496-0853 愛知県津島市宮川町3-80

TEL 0567-28-4158  FAX 0567-28-7196

合格体験記

令和4年度大学入試 合格体験記


進学校
・名古屋大学 工学部 エネルギー理工学科
合格校
・名城大学 情報工学部 情報工学科

 勉強法というより高校生活で自分の経験したものや感じたものを伝えたいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

〇1年生
 個人的にライバルともいえる友人と出会えたことが、高校生活において大きな影響を与えてくれました。1年生の時は、数学は好きだったので数学だけは勉強をし、他の教科は課題をこなす程度でしたが、当時の担任の先生から「その友人に全教科で勝ってみたら」という言葉に乗せられて勉強してみたことが、高校生活1番の変化だったと思います。なので、ともに高めあえる友人を見つけることは大切だと思います。

〇2年生
 勉強をしてみてたまたまでも上がった成績をせっかくなら維持しようと思い、そこから日常的に勉強をするようになりました。この2年生の時に学んだことは謙虚さです。これは受験においてだけでなく人間性の成長においても大切だと思います。勉強面ではもう少し理科を重点的にやればよかったなと反省はあります。

〇3年生1学期
 僕はこの時期に名大模試を受けました。気が早いと思うかもしれませんが、この模試のおかげで自分が得意である数学でさえもどれほど狭い世界を見ていたのかを知ることができました。ここでの焦りを感じることがこの時期にこの模試を受けるメリットだと思います。
 結局、焦りを感じることが人を動かす1番の原動力と思うので、焦りを感じることは必ずしも悪いことではないと思います。なので、この時期や夏休みに目標とする大学の過去問に触れることは、自分の立ち位置を知るだけでなく焦りを感じるためにも大切だと思います。

〇夏休み
 夏休みは特にこれといったこともなくとにかく勉強しました。しかし、もっと勉強すればよかったと反省はあります。これに関しては、こう感じるくらいが正常なのかなと思います。逆に、満足できるくらい勉強したとなるとそれはどうかと思うので、とにかく勉強してください。

〇2学期
 11月頃に第2回名大オープンがあり、成績が全く上がらず、そこで焦るよりも落ちこんでしまったことが、今考えても無駄な時間だったと思います。一度落ち込むといろいろ考えてしまい、不安だけが出てきてしまいます。これに関しては、考えるだけ無駄だと思うので勉強すればいいと思います。結局、不安を解消する1番の方法は手を動かすことだと思うので、つらいとは思いますが勉強するしかないと思います。

〇共通テスト
 共通テスト直前が個人的には1番成績がのびました。共通テストが近づくと緊張するかもしれませんが、この時期誰しもが同じ状況であり、人生数少ない経験のうちの1つだと考えてせっかくなら楽しんでやろうと、楽観的に考えるくらいが丁度いいと思います。それよりも心配すべきは共通テスト後です。ここで自分は浮かれてしまい、先生にありがたくも喝を入れてもらえたことで、なんとか立ち直りました。受験において浮かれることが何よりもたちが悪いと思います。なんだかんだ少し不安と焦りを感じるくらいが丁度いいのかなと思ったりもします。ここを乗り越えると自分はこの時期の勉強が一番楽しかったです。この勉強を楽しいと思えたことも1つの成長かなと思います。

〇2次試験まで
 この時期もわりと学力は伸びました。僕は数学が得意と言っても記述式の数学が得意だったので、特にここを伸ばそうと思いました。そのために苦手な単元や目指す大学でよく出る単元などの問題を、参考書やYouTubeなどからできる限り多く解きながらノートにまとめて、本番1週間程前になるとまとめた問題を解きなおして復習するような勉強をしました。正直、数学が好きなのもあってこの勉強が1番楽しかったです。もちろん他の教科も今まで使ってきた問題集などをひたすら解きなおして勉強しました。

〇最後に
 受験において何より大切だと感じたことは人との関りです。絶対に1人では乗り越えられないです。人との関りの大切さを知ってください。そして、みなさんには受験を通して成長を感じてほしいです。せっかくの機会なので勉強だけできるようになるのはもったいないと思います。なので、勉強に加えて何か他に成長をしてください。納得のいく結果になるよう頑張ってください。